メインメニューを開く

Uncyclopedia β

福島市

曖昧さ回避
フクシマ」とは異なります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福島市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「福島市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「福島市」の項目を執筆しています。

福島市(ふくしまし、英:fukusumashi)は、福島県の最北端にある県庁所在地

目次

概要編集

これといった娯楽がないため、中高生をはじめとする若者は農村の定番的な娯楽である乱交に走ることが多く、人工妊娠中絶率は常時全国ベスト3に入る。

乱交相手がいない若者がインターネットアニメに熱中する結果、オタクヲタク腐女子が急増している。そのためエスパル福島店4階にはアニメイトが出店したり(郡山市のアニメイトと比べるとかなり小さい)、かろうじて電波の届く文化放送A&G系の番組への投稿が多かったりする。

県内に比べれば遥かに多くの萌えアニメが放送されている隣県の宮城県のテレビ波を受信しようと必死になる人間が少なからず居る。しかし、かろうじて関東のテレビ波を受信できる郡山市とは比べ物にならないとも言われる。

地理編集

市内に温泉が12箇所あり、市民はこれら温泉をハシゴし、湯あたりすることを最高の極楽とする。

飯坂温泉が生み出すラジウム卵は放射線を放ち、市民は好んで食すが、免疫力がない他市民が食べると大変危険で必ず発狂するにいたる。ちなみに、同県須賀川市出身の円谷英二はコレを食べゴジラを生み出した。須賀川にはゴジラの卵なるものがあったが、自衛隊によって処分された。

福島は東京語の発音でfukushima(フクシマ)と発音されているが、最近、地名は現地語で発音するという世界的な潮流によってfukusuma(フクスマ)と改名しようとする条例案が提案されたが残念ながら否決となった。尚、福島市に住んだからといって福が来るとは、県内のどの自治体からも保障されていないので注意が必要。

郡山市を敵視しており、郡山駅を通過するやまびこ・つばさ131号および122号は福島市民に大人気である。現職の市長は、ゴージャス松野であり独裁的市政を展開している。彼の指揮により中心市街地の南端、阿武隈川沿いの一角は近年ほたるまちと命名され再開発が行われている。土手に張り出したウッドデッキが特徴的な地方局本社やショッピングセンターを併設の高層ビル、東北で一番高いタワーマンション「The Tower Fukushima」などが建設され、寒々とした郡山ビッグアイ周辺よりいいと市民の誇りである。ほたるまちの観光には市中心部にあるホテル阪神が便利。

他地域との交流編集

競馬場があるので、競馬ファンが東北各地から押し寄せる。

春は花見客がその名も「花見山」に全国各地から押し寄せる。賢い市民は信夫山で花見をする。

アラサー以上の人達にとっては平成中期の「仙台 - 福島の高速バス旅客争奪戦」のイメージが現在でも強く印象に残っている。かつては高速バスが時刻表いらずでピストン輸送していたり、お客様に無料のコーヒーサービスが施されたり、競合する快速仙台シティラビッド号が特急列車並みに速かったため、毎週末のように福島から仙台へ買い物する若者が後を経たなかった。そのため県庁所在地でありながら「宮城県福島市」「仙台の衛星都市」などと揶揄されたりした。しかし東日本大震災の発生で、仙台志向の強いナウでファンキーな若者たちは軒並み仙台に移住してしまい、福島から仙台まで毎週のように通うものは激減してしまった。今や高速バスは1時間に1 - 2本しか走らないし、快速仙台シティラビッドも本家ラビッドよろしく通過駅がたった数駅となってしまった。

福島駅では、1時間に2回、熱狂的な山形県民を対象としたエクストリーム・スポーツが開催されている。制限時間の2分以内に「つばさ」と「やまびこ」をホーム経由で乗り換えなくてはならない。こちらも参照願う。

関連項目編集


人はこの福島市の事を嘘だとかいい加減とかいうかもしれない。
でも、見たんだから仕方がない。行ってきたんだから仕方がない。
間違いない、太鼓判。 (Portal:スタブ)