メインメニューを開く

Uncyclopedia β

百葉箱

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「百葉箱」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「百葉箱」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「百葉箱」の記事を執筆しています。

百葉箱(ひゃくようばこ)とは、全国の小学校に設置されていた監視装置の一種である。

目次

概要編集

子供たちを監視しつつ違和感を抱かれにくいように地上1.5m程度の高さに設置され、外観は白くペンキが塗られた木箱のようにカモフラージュされている。木板の隙間から撮影や録音を行えるようになっており、設置開始以来長く内部に記録媒体も収められていたが、現在はネットワーク接続されデータを常時バックアップ可能。

目的編集

「児童の健全な成長を確認する」というのが設置目的であり、1947年に学校教育体制の現代化にあわせる形で雛型が作られた。戦前は児童教育と言えば大人の権威で押さえ付けるものだったが[要出典]、戦後体制になって教育制度も明るく変化した中で「大人の視線を意識させず、のびのび育てながらも安全を確保したい」という思いが大きい。

本格的に設置され始めた1952年以降各地の小学校に設置されてきたが、近年ではプライバシー保護や一部教師の不正使用疑惑もあって撤去されたり、新設校の場合は最初から設置計画が存在しない事もしばしばある。しかし百葉箱が姿を消し始めた90年代半ばから、教師たちの目が届かない場所で児童たちが人間関係で悩むようになっており、因果関係が疑われている。

カモフラージュ編集

 
百葉箱から何かが出てくるイメージ。ゲーム世代の児童はこのように、キャラクター化するのを得意とする。

監視目的というイメージを抱かせないと共に児童のイタズラによる破損を防ぐ為、いわゆる「学校の怪談」に組み込まれる事が多い。近づく事自体を忌避させるようにするのが殆どで、またその存在感は祠や神社の灯籠を思わせ手を出すのを躊躇するようになっている。全国的に言われているのは「中に○○がいる」というもので、地方ごとに様々な怪異がみつしりと収まっている事になっている。こういうエピソードは学校の怪談においては定番中の定番だが、これは児童たちがまだ認知能力が不十分で「見えない場所に何があるか」を上手に想像出来ず「何か得体の知れない恐ろしいものがある」と思い込んでしまう事を逆用したもので、学校の怪談では閉鎖されている教室なり薬品棚なりには大抵同じように何かが潜んでいる事になっている。

しかし上級学年になるとそれが通じにくくなる為、一時的に内部の装置を取り払った上でカモフラージュパーツを置き「授業の一環として中身を見せる」場合もある。このケースでは「気象観測用」或いは「温度分布の計測用」として教えるのが定番になっており、大人になっても信じている人は多い[要出典]。尚、児童がいない時間帯に細工をする都合上、こちらのせいで学校の会談に組み込まれる事がある。

関連項目編集


この項目「百葉箱」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)