岸和田市

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岸和田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「岸和田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岸和田市」の項目を執筆しています。

岸和田市(きしわだし)は、大阪府にある、市とは名ばかりの構成員20万人超をほこる日本最大の集団、またはその縄張りを指す。 かつてはだんじり祭りで有名だったが、現在は清原和博の出身地として、あるいはカオルちゃんの住む街として有名。岸和田市は、古い歴史を持つのまちとして全国的にも知名度が高い。市のキャッチフレーズは、『人が死に 血ヘドが輝くまち岸和田』。

歴史編集

  • 南北朝時代(14世紀) 南朝に属した岸和田氏が記した軍忠状に「鬼死倭惰(きしわだ)」の文字が確認できる。

歴史上、岸和田を重視していた天下人は、織田信長豊臣秀吉の二人である。信長は近畿地方をほぼ平定したが、唯一の例外で紀伊国(和歌山県)だけは平定できていなかった。紀伊への抑えとして岸和田を信長は重視し、織田一族の織田信張と信長が織田家当主になった頃からの古参の家臣である蜂屋頼隆を岸和田に配置した。

豊臣秀吉の場合は、本拠地として大阪城を築いたことは有名だが、大阪城を守る防波堤として岸和田を重視した。秀吉が大名になった頃からの古参の家臣である中村一氏を岸和田に配置し、実際に紀伊国の敵対勢力の大阪侵攻を岸和田で阻止できた。紀伊を平定した後は秀吉の母・大政所の妹が嫁いだ小出氏を岸和田に配置した。秀吉としては、親戚の小出氏が岸和田で目を光らせていれば、大阪城は安全だと考えたのだろう。ところが秀吉の死後、小出氏は徳川家康に味方して豊臣滅亡に積極的に加担し、豊臣軍の首を100以上も上げる手柄を上げて家康を喜ばせ、秀吉の期待はあっさりと裏切られた。その後の江戸時代では岸和田の地政学的価値は低下し、小大名の城下町にとどまった。

そんな岸和田の転機は江戸時代中期に訪れる。駿河今川家の旧臣出身の岡部氏が岸和田藩主に赴任した矢先に、岸和田で百姓一揆未遂騒動が起きてしまう。もし一揆が起きれば、小大名で岸和田に地縁もない岡部氏の独力で鎮圧できるわけもなく、幕府軍や他藩の援軍を借りることになるが、岡部氏は失政の責任を取らされてお取り潰しは必至であった。そこで一揆の指導者になりそうな七人の豪農を、岸和田藩のご意見番として用いることとし、殿様みずからご意見番に教えを乞うようになった。お陰で岸和田藩では一揆や打ちこわしが以後起きなくなった反面、ご意見番が許可しないと岸和田藩は法令を出せなくなり、殿様へのご意見番の言葉遣いが悪くても、誰も注意できない程だった。

こうして武士でありながら卑屈な態度を取る岸和田藩をみて、「お侍なんてなんぼのもんや!!」という空気が庶民の間で醸成され、庶民が武士と話す時も敬語をあまり使わなくなったことが、岸和田独特の荒々しさを生み出す元となり、だんじり祭の誕生で、さらに拍車をかけた。

沿革編集

  • 1922年(大正11年)11月1日 系列組の組長を暗殺するかたちで独立を果たし、泉南郡岸和田町から岸和田組となるが、表向き岸和田市ということにする。
  • 1938年(昭和13年)3月3日 土生郷村を暴力で合併。
  • 1940年(昭和15年)6月1日 有真香村、東葛城村を暴力で合併。
  • 1942年(昭和17年)4月1日 太平洋戦争に乗じ民兵を結成。春木町、山直町、南掃守村を制圧。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 戦後のドサクサに紛れて山滝村を制圧。完全に一線を越えた合併。
  • 2002年(平成14年)4月1日 闇の政治工作(賄賂、脅迫、暗殺)で特例市に昇格。
  • 2003年(平成15年)7月15日 第一次忠岡戦争。血を血で洗う抗争の末、岸和田市・忠岡町合併協議会を設立。
  • 2004年(平成16年) 岸和田組員の発砲により、岸和田市・忠岡町合併協議会解散。さらなる抗争必至。

行政編集

元首編集

岸和田の行政(政治)は、「まつりごと」と呼ばれており、市役所や市長や議会が政治を行うのではなく、
だんじり祭を中心に運営されている。つまり、市長が共産党系であろうが、自民党系であろうが、市議会の第一会派が公明党であろうが、大して関係ない。というよりただの傀儡政権である。


市章 干編集

1920年(大正9年)に岸和田の紋章として公募したもので、シバいた者を「干す」、または干した姿の図案化といわれている。市民(組員)はみな「代紋」と呼ぶ。


産業編集

岸和田市内の厳しい経済雇用情勢もあってか、近年、仕事を求めて隣接する和泉市にある工業団地テクノステージ和泉」を訪れる市民も多く見られる。
なお、岸和田市では、かつてのように市の産業を再び活性化させるため、現在、テクノステージ和泉への侵攻計画を積極的に進めているという。


催事編集

岸和田だんじり祭編集

1703(元禄16)年、時の岸和田の輩、岡部長泰公が、抗争の際に相手事務所にダンプカーを突入させたのがその始まりと伝えられ、約300年の歴史と伝統を誇る。「やりまわし」と称し、速度に乗っただんじりを方向転換させるふりをして電柱や家屋にぶつけ、多くの欲求不満の観光客を集める。基本的には五穀豊穣を祝うのにかこつけて、地域抗争を行い、破壊の限りを尽くす祭。当然ながら毎年のように死者が出るため全国的にも知名度が高く、日本を代表する蛮行の一つである。

岸和田市には全市で82台のだんじりがあり、大きく9つの地区に分かれ、抗争を重ねる。そのうち2地区が9月に抗争を行い、残りの7地区が10月に抗争を行う。

岸和田市出身の有名人編集

  • 清原和博 「ワシはワシとは言うとらん」の名言で有名な岸和田組若頭。狙撃の際は内角を狙おう。弱点はヒザ。
  • コシノ三姉妹 ファッションデザイナー。「醜いものほど美にあこがれる」を実践中。

関連項目編集