Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「唐津市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「唐津市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「唐津市」の項目を執筆しています。

唐津市(からつし)は、九州北部に位置するスタバもないど田舎都市である。

唐津焼の産地であり、陶磁器石炭の積出港として栄えた。「唐津物」は陶磁器の代名詞として広く知られている。まあ最近は伊万里焼とかの方が有名。佐賀県に属するとされるが、市民は真実を語ることを拒んでいる。

福岡市の影響下にあるため福岡県の一部と見なすことも出来る。長崎県に属するという異論もあり、これに対して市民は「佐賀県でなければどちらでも良い」としている。加羅の領地であったとする珍説も存在するが、地名からの連想に過ぎず、その根拠は明らかでない。

統治者 編集

2017年2月6日からは峯達郎が統治を行なっている。

概要編集

肥前国北部を占める松浦地方の中心都市であるが、今日の松浦地方は佐賀・長崎県境によって分断されており、本来の力を発揮できていないのが現状である。そのため、ごく一部の市民が松浦の統一を推し進めているが、伊万里や北松地方、五島列島佐世保の経済力によって懐柔されており、唐津が介入できる余地は残されていないとみるのが妥当である。

平戸や佐世保が佐賀入りを果たす可能性は皆無に等しく、松浦統一を成し遂げるためには、こちらがおとなしく長崎県に編入するか、佐世保と手を組んで新たな県を創設するしか術がない。しかし、そこまでして松浦地方を統一する必要性はあるのか疑問であり、むしろ福岡市との関係を重視すべきだとする意見が根強い。

地理編集

北は玄界灘に面し、虹の松原七つ釜などの景勝地が連なり、壱岐対馬を望む。玄界灘沿岸の福岡市との交流が盛んであるのに対して、有明海側の佐賀市周辺とは疎遠である。

市東部にそびえる鏡山は、日本一高い山とされており、唐津の象徴となっている。どうみても日本一とは思えないが、鏡山はかがんだ山なので、立ったら日本一高いのである。立ったら日本一高いので足の長さが3500メートルはあると思われる。市南部には唐津炭田が広がり、相知炭鉱を中心に大いに賑わいを見せていたが、いまでは静かな町になっている。

歴史編集

縄文時代 編集

古代、ここには末盧国という国があったらしい。菜畑遺跡という遺跡から炭化した米粒が見つかり日本で初めて稲作が行われいたことがわかった。遺跡はすぐに埋め戻され今は道路。気になる人は末盧館を訪れるべし。数粒の真っ黒の米がガラスのケースに収められているこの頃が全盛期

江戸時代編集

最初に治めたのは寺沢広高。川の流れを変えたり、松原を作ったり結構頑張った。が、息子の堅高が幕府の意を忖度して領民のキリシタンをいじめたら、島原の乱が勃発。すると、とかげの尻尾斬りのように寺沢の責任にさせられて幕府から謹慎処分を受ける。。あまりのショックで自殺すると、跡継ぎがいないとして改易の羽目になった。 次にやってきたのは大久保氏、その次にやってきたのは松平氏、さらにその次には土井氏、さらにさらにその次にやってきたのは水野氏。その四代目が水野忠邦である。こいつは幕府の主要メンバーである老中に入るために賄賂を使い、唐津藩では老中に入れないことを知ると唐津藩より小さい浜松藩に転封。そのあと無事に老中入りしましたとさ。めでたし、めでたし。と思いきや、水野が張り切りすぎて「ぜいたくは敵だー!花火落語歌舞伎も小説も将棋も規制するぞー!初鰹も規制だ!あと将軍家の魚料理に生姜を乗せるなああああ!」とやりすぎて、将軍から庶民まで全方位の怒りをかって失脚して終わった。

なんだかんだで最後にやってきた六番目が小笠原氏である。唐津藩にいては老中になれないというジンクスを破り、しかも唐津藩の藩主でなくて跡継ぎの段階で老中になったイレギュラーが小笠原長行である。長行は第二次長州征伐で同じ小笠原一族が治める小倉城に陣を構えて、九州諸大名の連合軍2万を率いて長州軍1千人(大将は高杉晋作)と交戦。20分の1の敵を相手に手こずり、九州の諸大名が勝手に軍を率いて帰国していくと、大将の長行までも船に飛び乗って小倉城から大阪城へ逃げてしまい、小倉城が敵の長州軍の手に落ちた。唐津藩跡継ぎの小笠原長行の功績で、260年続いた江戸幕府は完全なオワコンとなり、明治維新が成就することとなった。めでたし、めでたし。

明治時代編集

唐津県として独立、ヤッタネ。と思ったら伊万里県にされていた。さらに佐賀県、三潴県、長崎県、と目まぐるしく変わるが最終的に佐賀県になった。

その後編集

貿易業が衰退したり、空襲を受けないぐらいアメリカに忘れ去られたり、元々なかったのに唐津城に天守閣をのっけたり、平成の大合併時に原発マネーをもらおうと周辺の自治体と合併するものの、肝心の原発がある玄海町とは合併できなかったりと散々な目にあっている。

交通編集

九州朝鮮を最短距離で結ぶ海上交通の要衝であったが、博多下関の発展に押され、次第に日韓航路から取り残されていった。

福岡志向の強い唐津らしく、県都・佐賀に向かう唐津線より、県境を越えて前原博多に向かう筑肥線の本数が多くなっている。伊万里方面に向かう列車も設定されているが、唐津と伊万里の関係をあらわすように、その本数はきわめて少ない。

日韓トンネル計画編集

呼子線呼子に通じることなく幻に終わったが、唐津から呼子・壱岐対馬を経て釜山もしくは巨済島に至る「日韓トンネル計画」が練られている。仮にトンネルが開通した場合、唐津は一大交通拠点に返り咲くことになるが、一部の韓国人が「ウリの国とつながっている唐津は、ウリの領土ニダ!」と叫び出す可能性も否定できず、市民の間で賛否両論が渦巻いている。

その他編集

ことわざ編集

唐津にドン・キホーテ(スターバックスコーヒ)ができる 意味 ありえないこと 類義語 ひょうたんから駒 

「唐津にドンキ(スタバ)ができる。」唐津市民なら一度は聞いた事があるだろう。しかし、それは幻想に過ぎない。唐津市内にあるとある店が潰れてドンキが立つとか、とある別の店が潰れてドンキが今度こそ立つとか、これまたとある店が潰れてホントにドンキが立つとか聞き飽きた。唐津にドンキなんかできないんだ……だがしかし、なんと、ナナナなんと唐津に………



















































ドンキができるぞーーー!!!

                      スタバも。

いや、マジで。

唐津発電所編集

高さ180メートルの煙突がある。高さは日本一と言いたいところだが調べたら高さ230メートルの煙突があった。でも問題ない。この煙突もまたかがんでいるのだ。まあもうないんだけどね。

人口減少問題編集

全盛期には19万人ほどの人がいたが現在は12万人ほど。このままでは2110年頃には人口がマイナスになると見られる。

韓国にある唐津という市との関係性編集

ない。というかどこだよ。

マスコットキャラクター編集

からワンくん。実は真の唐津市の統治者は峯達郎ではなく検閲により削除。市のPRという名目で唐津市中を視察している。ゆるキャラグランプリで二位に輝いたこともある。でも次の年は49位だった。

唐津出身の全国的に有名な人編集

お察しください。

関連項目編集


この項目「唐津市」は、執筆者が陶工だった可能性もありますが、未だ素焼きの状態です。二度焼きして下さる熟練者を求めています。 (Portal:スタブ)