曖昧さ回避 この項目では、アメリカ合衆国の都市について記述しているばい! その他の用法につ・い・て・は「シカゴ (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!! はい!!!

シカゴChicago)とはアメリカ合衆国中央部の北辺にある都市である。ニューヨークロサンゼルスと並ぶアメリカの三大都市の一つ。食肉産業で有名。漢字では死加護と書く。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シカゴ」の項目を執筆しています。

都市の概要編集

世界有数の大都市であるが、その気候は非常に過酷で、日本の青森や岩手と同じくらいの平均気温である。古くは、マフィアのアル・カポネが君臨したことで知られ、現在でも余り治安は良くない。特に、シカゴを横断する巨大高速道路より南側は全米で最も危険なエリアの一つとして知られ、おそらく関西の南部と同じくらい危険である。

シアーズタワー編集

 
これがシアーズタワーだ

ワールドトレードセンターが破壊されてしまった今、シカゴのシアーズタワーは米国でダントツに高いビルディングとなっている。これが破壊されるようなら米国も終わりだ。

シカゴのプロスポーツ編集

MLBのカブスとホワイトソックス、NBAのブルズ、NFLのベアーズが本拠を置いている。アメリカのプロスポーツチームには、各都市の気質が反映されており、シカゴのような肉体労働者が多く住む都市のチームは、肉体派の選手を集めてディフェンス主体のチームを作ることが多いが、ブルズやベアーズはその典型である。日本ではサミー・ソーサがいたカブス、マイケル・ジョーダンがいたブルズが有名であるが、シカゴの人々を最も熱くさせる存在はベアーズである。古い時代には非常に強かったチームだが、テレビがカラーになった頃から弱体化し始め、大半のシーズンは下位に低迷している。にもかかわらず愛され続けている。日本で言うと阪神タイガースといったところか。1985年、悪役クオーターバック、ジム・マクマーンを要して初のスーパーボウル王者となった。2007年にはレックス・グロスマン(ワロスマン)というNFL随一のネタQBを擁し、1985以来となるスーパー進出を果たすが惜しくも準優勝に終わっている。2009シーズンからジェイ・カトラーというプロボウラーが先発QBを務めているが嫌われているのかオフェンスラインに全く働いてもらえず、毎試合サックばかり食らっている。また、カブスに関してはヤギの呪いなどが有名であるが、1世紀以上優勝できていない愛すべきスーパー負け犬という別称も持っている。

シカゴ大学編集

シカゴ大学では、経済学が最も有名であり、「シカゴ学派経済学」という流派があるほどである。シカゴ学派の理論は、簡単に言えば、「大企業や金持ちを優遇する経済システムを作り、国を強化すれば、豊かな階層が富を得るのにつれて、やがては貧しい階層にも富が行き渡り社会全体が豊かになる」というものである。基本的に共和党はこの理論に基づいて経済政策を行っている。ところが、シカゴ学派経済学は机上の空論であり、この考え方に基づいた政策をとれば、富裕層が豊かになるだけで、貧しい者はいつまでも貧しいままであるという批判も根強く存在している。実は、シカゴ大学から目視できるほどの距離にある場所に、アメリカ最大級のスラムが存在しており、シカゴ学派の批判者達は、「シカゴ学派経済学が机上の空論であることは彼らの大学の周辺を見れば明らか」と馬鹿にしている。これは、あの人がいる某大学にも当てはまる。

暴動編集

 
1934年の暴動。暴動が多すぎて頭の固い人たちも一覧をまとめるのに躊躇している。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ループもの」の項目を執筆しています。

事実は小説よりも奇なりと言うが、シカゴはループものノンフィクション小説ではないかと錯覚するほど暴動の運命を繰り返している、少なくとも1915年頃までは「人種に関して最も公平な都市の1つ」と言われていたのにも関わらずである。賢者が歴史に学び、愚者が経験に学ぶとしたら、経験で学ばない彼らは何なのだろうか。そういうのは「詐欺に引っ掛かりやす人たち」である。じゃあ詐欺師は誰なのか。相場は決まっている。コミー[1]

どうも当の詐欺被害者達は暴動をエクストリームスポーツかなにかと勘違いしているようで、いつのまにか伝統として定着してしまった。2020年には100周年を記念して盛大に暴動を取り行うなど現代でも色褪せていない。

注釈編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「赤い夏」の項目を執筆しています。
  1. ^ 1919年暴動に「赤い夏」なんて名前をつけるくらいである。彼らの自己顕示欲には底がない。